お金に不自由しているから元夫への怒りが収まらないのかな?と思って頑張ってみるも、うつ状態になってしまった私。 


yaruki


前回の記事はこちらです→夫の不倫・浮気を心から許せるようになるまで⑯
最初や途中から読みたい方はこちら→夫の不倫を心から許せるようになるまで「目次」



「お金の問題じゃなかったのかな?」
「う~ん…似ているけど本質は違ったということ…??」



いろいろ考えているうちに「夫が自由にしている事に対してイライラする気持ち」は、夫に出会う前から別の人に対して持っていた事に気づきます。



それは姉に対しての怒りでした。



tennjyou





上に姉と兄が4人いる末っ子の私。
お金がかかわる事に関して思い出してみるといろいろ出てきました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・母が私の物を買うと「妹にばっかりずるい!」と言われて姉とケンカになり、母が悲しむのが嫌で遠慮するようになった。


・遠慮して欲しい物を言わなくなった私の横で、姉が両親に頼んでいろんな物を買ってもらったりするのが悲しかった。


・その不満も両親を困らせるので、言えずにいた。言えた時もあったが姉に「両親が困るから頼んだらダメだよ」と言われて泣いた事も…


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



と私自身の気持ちを殺して家族に合わせていた出来事を思い出したのです。



ira




こうした出来事の繰り返しで私の心の中に



・私1人で幸せになってはいけない
・自分は我慢して大切な人を優先するのが愛情
・私が意見を言うのは母を悲しませる事になる
・私が何かするには姉と母の許可が必要



というマイルール(思い込み)が作られていきました。
これを守る事で私は「家族の役に立っている」「邪魔になっていない」と感じていたんですね。



でも!心を閉ざしているので、家族といるのはとても居心地が悪い…



ibasyo




だから「自分自身の幸せ」を優先して楽しく過ごしているように見える姉を「親不孝者」とイライラしながら見ていて、同じように自由に過ごしているように見える「元夫」に対しても怒りがあったのです。




本当は私も親におねだりしたり、ワガママを言いたかったのに!
でも楽しい事や幸せな事をやりたがっても、親に言う事は迷惑になるから…と言えない日々。




いつも親や姉の顔色をうかがい誰かが「OK」を出さないと、安心できなかったんですね…。
これは元夫に対しても同じ様に思っていて、「夫の許可が無いといけない」と勝手に思い込み1人で苦しんで」いました(汗)



kankei





向き合うのは家族への気持ちであって、元夫ではないのかもしれない…
それがわかったことで、元夫への怒りは落ち着いてきました。




じゃあ大元の家族への気持ち、これを解消するにはどうしたらいいの?と悩んだ末に
「…とりあえず、間違っててもいいから親に甘えてみようか…」そう思った私は心臓が爆発しそうなくらいドキドキしながら親に電話をかけることにしたのでした。




次回は「親子の関係」と「結婚生活」が似ていた!です。
続きの記事はこちら→夫の不倫・浮気を心から許せるようになるまで⑱



現在パワーストーンアクセサリーの閉店セールを開催中です!
8000円引きは当たり前のお得なセールですので、ぜひ遊びに来てくださいね~


アクセサリーショップ花華はこちらの文か画像をクリックすると商品ページにいきます。
sale01



 
LINEで読者登録ができます。
ぜひクリックしてくださいね。↓

touroku1
 moku1 moku2