作家の先生と私の気持ちがしっかりとシンクロした事で、私のイメージ通りに夢を叶える事ができたのが前回までの話です。


こちらの記事の続きになります。


素人の私がベストセラー作家さんの本に、イラストを掲載させてもらう引き寄せ話①
素人の私がベストセラー作家さんの本に、イラストを掲載させてもらう引き寄せ話②
素人の私がベストセラー作家さんの本に、イラストを掲載させてもらう引き寄せ話③



今回は私なりの「引き寄せのコツと反省点」をお伝えいたします!


yaruzo



まず今までの様に小さい願望を叶えていた時と、大きな願望を叶えた時では決定的に違う事があるのに気づきました。それは…



興奮度が違う!



・心臓がバクバクするくらい 気持ちが高ぶる
・手に汗をかいたり、体が熱くなる
・嬉しくてしょうがなくて、勝手に顔がにやける
・その時かわす会話などが どんどんイメージできる



気づくとこんな状態で、勝手にあふれ出してきて止まらないのです。


o0300028612996383860



実際に叶った時はこれくらい興奮状態になるのですから、その時の気持ちを先取りするのに成功していたのだと思います。



また今回の引き寄せですごく印象深かった「引き寄せのコツ(反省点でもある)」は



「遠慮」しない!ということでした。



私の価値観から考えたら「ずうずうしい」「身の程知らず」と思ってしまったのですが、奈未先生からしてみると私がマンガレターを描いてイラストを使ってほしいと思った事は「次回作にピッタリな人物」「ありがたい」となっていました。



o0300026912991210687



もちろん実際に何かをお願いしたら「ずうずうしいな」と思われるパターンもあるかもしれません。
でも今回の様に意外と「待ってました!」と喜んでくれたりするのです。



それはチャレンジしてみないとわからない事なんですよね。


arigato3




また私がイラストを掲載させてもらった本が出た後に、奈未さんの次の本を読んだら



「私もイラストが好きで描いていて、奈未さんに見せたいと思っていたのに行動しなかった…」
「MINAさんの様に採用してもらえてるのを読んだら、何で行動しなかったのだろうと後悔しています。」



という「遠慮した事でチャンスを逃して後悔している」ファンの言葉が書いてありました。


nai



もしかして私も遠慮したままで2回目のサイン会に行かなかったら、ずうずうしいと思って連絡しないままだったら…同じ様に別の人のイラストが採用され悔しい思いをしたかもしれません。




だからこそちょっとでも「ふと思った事」「やってみたくなった事」「行ってみたくなった事」「会いたくなった事」、逆に「止めてみたい事」などをスルーせずに行動してみるのがおすすめです!



hitorinojikann




とはいえ最初から大きな願望を引き寄せようとすると、難しいものです。



まずは小さな願望から「準備体操」や「基礎体力作り」のイメージで、コツコツ「引き寄せ力」を高めてみてはどうでしょうか?



huro2



次回も引き寄せ話をご紹介します。


LINEで読者登録ができます。
ぜひクリックしてくださいね。↓

touroku1
 moku1 moku2


パワーストーンアクセサリーをネットショップにて販売中です。良かったら遊びに来てくださいね。
ネットショップはこちらからどうぞ→アクセサリーショップ花*華

画像をタッチすると詳細ページにいきます。
honnto057